口腔外科

歯科口腔外科とは

口腔外科とは、口腔、顎、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性疾患を診断、治療する診療科です。


この領域には歯が原因のものから、癌までさまざまな病気があります。また交通事故やスポーツなどの外傷や顎変形症、唾液腺疾患などに加え、口腔粘膜の疾患や神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。


この領域の疾患により正常な咀嚼機能、構音機能が障害をきたし、また審美的障害までも生じます。治療を行うことにより失われた機能や形態の回復、症状の緩和を行うことを目的としています。

当院の歯科口腔外科

主に親知らず等困難な抜歯や外傷の処置、粘膜疾患や歯の移植治療、のう胞摘出、顎関節症治療などを行っております。


当院では顎関節症の治療において、スプリント療法、運動療法、理学療法などを行っております。


尚、日本人女性の7割は無自覚でも顎関節症の症状(たとえば口の開け閉めしたときのカクンという音など)が潜伏していると報告されています。
ひどければ治療を行いますが、ルカ歯科医院ではひどくなる前に予防法や自己管理方法なども積極的に(もちろん無料《レントゲン等検査には保健負担がかかります》)指導する顎関節症予防にも治療以上に力を入れています。

歯牙移植・歯牙再植

歯牙移植とは?

歯牙移植とは主に、奥歯が抜けてしまったところに親知らずを移植する治療法です。

そのため、移植に使用可能な健康な8番(親知らず)が生えていることが、移植の最低条件です。

場合によっては親知らず以外の歯を移植歯として用いることもありますが、親知らず以外の歯を移植する場合には一切保険は利きません。

また、親知らずを移植する場合でも保険適用となるためには、抜歯したその日のうちに親知らずの移植を行う必要があります。

歯牙移植は全ての歯科医院で行われているわけではありません。

脱臼歯の再植について

お子様が転んだり、おもちゃに歯をぶつけた場合に歯が折れたり、欠けたり、脱臼したり(脱臼歯)した場合の歯の再植術も行なっております。


歯が脱臼してからの経過時間が重要で、30分以内であれば歯根膜が再生する可能性がありますので、牛乳などに脱臼歯を入れて、出来るだけ早めに当クリニックまで御相談ください。


医局員時代の古巣、東京医科歯科大学口腔外科と連絡しあえるパイプラインがあり、重篤なケースの場合などどこの科でもご紹介可能です。