顕微鏡歯科

マイクロスコープの導入

~正確で長持ちする歯科治療のために~


当院では正確で成功率の高い歯科治療を行うため、必要に応じて肉眼の30倍もの倍率で治療を行えるマイクロスコープを導入しております。


肉眼や最近流行の眼鏡タイプの拡大鏡2~3倍程度で行っている精度より10~30倍高い精度で治療を提供できるようにしております。リアルタイムでモニター画面を通し、高倍率での治療を見てご自身で確認もして頂けます。さらに別に口腔内カメラもありますので、静止画として後で違う角度から見直すことも可能です。


マイクロスコープを導入している理由は主に以下の4点です。

『削り過ぎない歯科治療のために』

マイクロスコープを使用しなければ判らない程微妙なむし歯の治療に際して、健康な歯を極力削らずに患部だけを治療する精度の高い治療が可能になります。

『出来る限り歯を抜かないために』

むし歯で歯の神経(歯髄)が失活(死んでしまうこと)してしまった歯は弱くなり、根の先に感染を起こしやすくなり、歯を抜くことにもつながっていきます。
通常、根管治療により回復しますが、中には複雑な形態の根管があり肉眼での治療には限界があります。
このような場合、マイクロスコープを用いることで肉眼では不可能な精度の高い治療が可能となります。
また、根の先の感染が大きく、歯根のう胞という病巣を作ってしまった場合、根先切除術という手術が必要になる場合があります。
このような手術においては、繊細さを要求されるため、マイクロスコープは大きな力を発揮します。

『正確で長持ちする歯科治療のために』

現代の歯科治療は精度の高さが求められます。
詰め物や被せ物などもしっかり適合するものを製作しないと隙間からむし歯などになってしまうことがあります。
マイクロスコープで適合をチェックすることでより精度の高い治療が可能になります。

『むし歯・歯周病の予防のために』

定期的にマイクロスコープで歯科検診を行うことにより、磨き残しや歯石の状態、歯の表面の傷などをより正確に把握することが可能です。歯根の分岐した部分などの確認には特に威力を発揮します。